コールドリード

コールドリードとは、自社商品やサービスに対する興味関心が低いため、すぐに購買行動に移る可能性が低い顧客のことを指します。コールドリードは情報収集段階であることが多く、自社にとっての見込み客です。例えば展示会で名刺を交換したけれど、商談に結び付かなかったような顧客はコールドリードです。

コールドリードは今すぐに購買行動に移るわけではありません。しかし、情報収集をしているということは購買行動に移る可能性があります。そのため、コールドリードが購買行動を起こすホットリードになるまで継続してフォローすることが重要であり、リードナーチャリングの要です。

コールドリードは人数が多いため、今までのマーケティングではフォローしきれませんでした。しかし、ITの発達により、資料ダウンロードやメールマガジンによる定期的なコンタクトが人手をかけずにできるようになりました。そのため、Webマーケティングではホットリードから商談成立することも大切ですが、コールドリードをホットリードにするナーチャリングも重視されています。