用語集:リマーケティング広告

リマーケティング広告とは、ユーザーが以前に閲覧したホームページの履歴を参照して、関連したものを表示する広告を指します。グーグルやヤフーなどの検索エンジンがサービスを提供しています。グーグルではリマーケティングという名称で、ヤフーではリターゲティングという名称です。

閲覧履歴はユーザーに興味のあるテーマが多いため、それに関連した広告を出すことでクリック率やコンバージョン率を高めることができます。そのため、マス広告に比べて費用効果が高いといわれています。

例えば、ホームページに訪問したがコンバージョンにつながらなかったユーザーには、改めて商品内容について広告で表示し、再度興味を持ってもらうためのアプローチができます。コンバージョンしたユーザーにはリピートを狙って、再度広告を表示してコンタクトを継続することができます。

また、リマーケティング広告は競合他社のユーザーへ自社商品のアピールができます。競合他社のホームページを訪問しているユーザーに自社広告を表示することで、自社に興味を持ってもらうことができます。